BLOGブログ
BLOG

戸塚小林整骨院が第二中足骨骨頭痛について解明

2019/02/19

戸塚小林整骨院が第二中足骨骨頭痛について解明

 

こんにちは

 

戸塚小林整骨院です。

 

第二中足骨骨頭痛と聞いてもピンとこない方が多いと思います。そもそも第二指はどこの指を指すのか。指は親指から数えます。なので第二指とは親指の横にある指をさします。そして中足骨というのは指の関節の付け根の部分をさします。足の指をつかむようにしてみてください。一番先にある骨を末節骨といいます。次の骨を中節骨、その次についてる骨を基節骨といいます。そしてその次についてる骨が中足骨です。この中足骨に痛みが出るのが第二中足骨骨頭痛です。

ご自分で確かめる方法として、第二指の中足骨を付け根の部分をつまんでみてください。損傷が出ている場合は激痛が走ります。外見上、親指が第二指の下に入り込んで見えます。第二指の中足骨の部分にタコができてしまうような方もこの第二中足骨骨頭痛にあたります。

 

普段から立ち仕事などをしている方などに多く、高齢者になると足へバーデンの患者様に多いです。

 

打ち付けをなくすために指全体で踏ん張る力が必要です。テーピング又はサポーターを使用し半年ほどの矯正で痛みは緩和され指に筋力がつきます。

 

ぜひ、ご自分の足をご覧になってください。