BLOGブログ
BLOG

横浜の足裏のトラブル専門が足首の痛み、緩みについて解明

2019/02/19

横浜の足裏のトラブル専門が足首の痛み、緩みについて解明

 

今回は「少し歩いただけで足首が痛い」「足首を回すとゴキゴキといった音がなる」「捻挫をしやすい」といった悩みをお持ちの方にぜひ見てもらいたい内容となっております。

 

これらの症状は慢性捻挫と呼ばれ、足関節を支える靭帯が緩みすぎている状態です。足首が緩んでいると捻挫をしやすくなってしまいます。

 

ではなぜ靭帯が緩んでしまうのか。足関節は正しく機能していれば何千歩、何万歩歩いても耐えられる構造になっております。しかし、足裏のトラブルにより指先が踏ん張れなくなると足先が外側へ流れて、必要以上にねじれてしまいます。このねじれた足に体重が乗っかることにより足首を構成するための靭帯が伸びてしまい、足首が緩んでしまいます。

 

そしてこの足首の痛みは放っておくと次第に膝、腰、首とねじれていき、痛みを伴うことになります。

 

では足首の痛みに対してどのようにアプローチしていくのか。

まずしっかりと足の指の筋肉を使えるようにして、ねじれを緩和するために足関節を固定すると痛みも緩和されていきます。