BLOGブログ
BLOG

横浜の足のトラブル専門が外くるぶしの膨らみについて解明

2019/02/19

横浜の足のトラブル専門が外くるぶしの膨らみについて解明

 

こんにちは

 

戸塚小林整骨院です。

 

今回は足のくるぶしの膨らみの症状、原因、一般的な施術法について説明していきたいと思います。

 

この症状は足関節脂肪腫により足の外側のくるぶしの下方が膨らんでしまうものです。一般的な大きさはゴルフボールの半分ほどですが、ひどい場合はその二倍ほどになります。痛み自体は慢性になるとほぼありません。この症状は足の外反内反の打ち付けにより変形してしまった足、もしくわ利き足に多くみられます。

 

原因は足関節捻挫に痛みの症状と同じで足の外反内反による母趾の変形、または浮き指による指全体の変形により足先が外側へ流れます。これにより雑巾絞りのように足首がねじれてしまいます。このねじれている箇所に負担がかかってしまうので身体は防御反応で潤滑機能のあるグリスを出して滑らかにします。これにより足首への負担を減らそうとするのです。しかし、このグリスが溜まってしまうことで脂肪腫ができてしまい、外側のくるぶしが膨らんでしまうのです。

 

このくるぶしの膨らみを緩和するためには、足先で踏ん張れるように機能改善を狙ってテーピングを施します。もし痛みが出ている場合は足首を包帯で固定することをお勧めします。