BLOGブログ
BLOG

横浜の足裏のトラブル専門が足の外反内反による親指の変形の前兆について解明

2019/02/19

横浜の足裏のトラブル専門が足の外反内反による親指の変形の前兆について解明

 

こんにちは

 

戸塚小林整骨院です。

 

今回は足の外反内反による親指の変形の前兆について説明いたします。

 

まずはどのような前兆があるかについて。

親指の付け根が痛くなったり、緩和されたりを繰り返す。

 

長時間歩いた後や新しい靴に履き替えた際に痛みが出てそれがしばらく続く。

 

この痛みがあるというのは、親指の付け根の部分に重力の負担が集中し、炎症状態にあるということです。この炎症があると骨を太くして重力の負担から体を守ろうとする防御反応が起こり、余分な骨を作り(過剰仮骨)ができてしまいます。この防御反応により骨が出っ張り、形も変形していきます。つまり痛みが出ているときは同時に変形も進んでいるという事になるのです。

 

骨の変形は完全に元の形に戻すというのには年単位になってしまいます。痛みが出たらすぐに足の外反内反による重力のものと考えた方が良いでしょう。痛みが出てからすぐに施術を開始できれば変形も抑えられます。この炎症期間との戦いでもあります。しかし、大体の人は痛みが出ても放っておいてしまうケースが多いです。ゆっくりではありますが確実に変形は進んでいます。痛みが出たら外反母趾による重力の負担のものがあると知っておきましょう。